一日一編

アクセスカウンタ

zoom RSS 「人間と動物の類似について」 ラ・ロシュフコー/二宮フサ訳

<<   作成日時 : 2010/11/10 10:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人間はなぜ動物に惹かれるのか?
ひとつには動物が人間に似ている
からである。
ふたつには動物が人間に似ていな
いからである。
失礼しました。

本作は「ラ・ロシュフコー箴言集」に
収録されている、「考察」のなかの
一節です。
表題のとおりなのですが、類似点
といってもネガティブな面にスポット
を当てています。
例えば、《ひっきりなしに喋るくせに、
自分の言っていることが少しも分かっ
ていない鸚鵡がなんと沢山いること
か。》とか。
あるいは、《常に機を窺い、性悪でぺ
てん師で、しかもしおらしいうわべを
装う猫がいる。》など。
ちょっとあんまりですよね。一番のお
気に入りはこれです。
《狂暴さのほかに取り柄のないしぶ
とい番犬もいる。》
そういう人間はちょっとイメージしにく
いですけどね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「人間と動物の類似について」 ラ・ロシュフコー/二宮フサ訳 一日一編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる