一日一編

アクセスカウンタ

zoom RSS 「浦島さん」 太宰治

<<   作成日時 : 2010/10/31 13:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ご存じ「お伽草紙」のなかの一編
です。
前口上がいいですね。長男の道
楽は上品で、次男、三男の道楽
は放蕩に帰すなどということが、
おそらくは自虐をこめて語られて
います。浦島太郎は長男だそう
です。
恩返しをする亀がまたいいので
す。まあよく喋ります。それがま
た妙に的を得ているので、うれし
くなるじゃありませんか。
ひとつ気に入らない点があるとす
れば、やはり結論の部分です。著
者は、玉手箱の貝殻を開けて三百
歳のじいさんになってしまった浦島
さんを不幸ではないと結論づけてい
ます。若いままで三百年の経過を
迎えることに比べたら、あるいは著
者の言うとおりかもしれません。し
かし、多くの人が感じる浦島の不幸
は、竜宮城での夢のようなひととき
と引き換えに、あまりに多くのものを
失ってしまったことにあります。歳月
だけではもちろんありません。親や
弟妹の死に目に会えなかったことは
もちろん、自分の家族すらもつことが
できなかったのですから。ひょっとし
たら、失ったという自覚さえないこと
が一番の不幸かもしれません。
それにしても面白い作品です。元の話が
いいですからね。外来という説もあるよう
ですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「浦島さん」 太宰治 一日一編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる